LINE

ヘルプ

よくある質問

グループを作成する toggle
グループでは、請求先情報の登録ができます。
グループを作成することで、広告アカウントをグルーピングして管理することが可能です。

グループを作成するには、以下をご確認ください。

作成方法
1)トップページ左側の[+新しいグループを作成]をクリック
2)基本情報の[グループ名]に任意のグループ名を入力
3)請求先情報を入力
4)[作成する]をクリック

入力項目の詳細は以下です。

基本情報
グループの表示名(任意の名前)を入力してください。
入力した表示名は、LINE広告の管理画面のみで使用され、配信する広告には表示されません。

請求先情報(登録はオンラインのみ)
[グループに請求先情報を設定する]を選択し、請求先情報の登録を行います。
広告アカウントごとに請求先情報を変更する場合はもう一方を選択してください。

取引先法人
取引先のLINEがある国を選択

ビジネスタイプ
⋅法人
請求先法人の法人番号を検索の上、法人名を選択してください。

⋅個人事業主
屋号:請求先の屋号
事業主名:請求先の事業主名

※グループの作成上限は1ユーザーあたり100個までです。承認された広告アカウントが紐づいている場合、グループの削除はできません。


(2019/11/06 時点)

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

キャンペーンを作成する toggle
キャンペーンでは、キャンペーンの目的や掲載期間、上限予算を管理することができます。
上限予算や期間、目的ごとにキャンペーンを分けて作成してください。

キャンペーンを作成するには、以下をご参照ください。

操作手順
1)キャンペーンタブで[+キャンペーンを作成]をクリック

2)キャンペーンの目的を選択

3)基本情報を入力し、掲載期間と任意設定を選択

4)[保存して広告グループ作成へ]をクリック

基本情報と掲載期間、任意設定の詳細は以下です。

基本情報
任意でキャンペーン名を設定し、ステータスを選択できます。

掲載期間
[今日から継続的に配信]または[開始⋅終了日時を設定]を選択できます。

任意設定
キャンペーン上限予算は、月単位または全期間で設定できます。
月単位:月単位で予算の設定をする場合
全期間:月をまたいで予算の設定をする場合

※詳細はキャンペーン予算についてをご確認ください



(2019/11/06 時点)

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

デモグラフィックターゲティングで配信する toggle
LINE広告では、様々なターゲティング方法を用いて広告を配信することができます。

これらのターゲティングは、広告グループで設定を変更できます。
設定の変更についてはこちらをご確認ください。

ターゲッティングでは、以下のデータを指定できます。
※以下のオーディエンスデータはLINEファミリーサービスにおいて、LINEユーザーが登録した性別、年代、エリア情報とそれらのユーザーの行動履歴(スタンプ購入履歴、LINE公式アカウントの友だち 登録履歴など)をもとに分類した「みなし属性」となります (OS、携帯キャリア除く)

地域セグメント
都道府県別や市区町村別での指定配信が可能です。
※市区町村別配信は居住地と判別された地域への配信となります

年齢セグメント
年代別(14歳以下から50歳以上)での指定配信が可能です。
例)14歳以下、15-19歳、20-24歳、25-29歳、30-34歳、35-39歳、40-44歳、45-49歳、50歳以上

性別セグメント
男女別による指定配信ができます。

興味関心セグメント
18種類のインタレストカテゴリ別での指定配信ができます。

OSセグメント
Android OS、iOSに加え、各OSのバージョン別の指定配信が可能です。

配偶者セグメント
配偶者の有無を指定して配信できます。
※指定しない場合は[すべて]を選択してください

子供セグメント
子供の有無を指定して配信できます。
※指定しない場合は[すべて]を選択してください

携帯キャリアセグメント
NTTドコモ、au、SoftBankなど、携帯キャリアを指定して配信できます。
※指定しない場合は[すべて]を選択してください

テレビ視聴頻度セグメント
テレビ視聴頻度([高] [中] [低])を指定して配信できます。
※指定しない場合は[すべて]を選択してください


(2019/11/06 時点)

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

オーディエンスを作成する toggle
オーディエンスを作成するには、以下をご確認ください。

オーディエンス作成手順
1)トップページの[広告アカウント]タブで、オーディエンスを作成したい広告アカウント名をクリック

2)広告マネージャー画面左上の[≡][共通ライブラリ][オーディエンス]をクリック

3)オーディエンス一覧ページの[+オーディエンス作成]をクリック

4)作成したいオーディエンスを選択>項目を入力し[保存]をクリック

各オーディエンスの設定項目は、以下をご参照ください。

ウェブトラフィックオーディエンス
⋅オーディエンス名
オーディエンス一覧に表示される名称です。
任意で設定してください。(後から変更が可能です)
⋅次の人を含む
ウェブサイトにアクセスした人:LINE Tagを設置している全てのページに訪問したユーザーを対象にします。

特定のページにアクセスした人:LINE Tagを設置しているページの中から指定した条件のURLに訪問したユーザーを対象にします。
特定のURL⋅keywordを1つもしくはOR/ANDで複数設定して対象ページの指定をします。
※アスタリスク[*]を利用したワイルドカードや前方一致は使用できません

<対象ページの条件を複数設定する>
URL_AとURL_ Bを...
- OR条件で指定: URL_AかURL_ Bのどちらか
- AND条件で指定: 計測不可
(「URL_AとURL_ Bを訪問」は設定できません)

keyword_Aとkeyword_ Bを...
- OR条件で指定: keyword_Aかkeyword_ Bを含むURL
- AND条件で指定: keyword_Aとkeyword_ Bを含むURL

イベントを設定したページにアクセスした人:LINE Tagカスタムイベントコードを設置しているページに訪問したユーザーを対象にします。
設置したイベントコードが発火すると、プルダウンでイベントの選択が可能になります。
カスタムイベントコード設置ページの中から特定ページを指定したい場合は、URL条件を指定してください。
URL条件は「特定のページにアクセスした人」と同じです。

モバイルアプリオーディエンス
※事前に[メディア]からアプリ登録を行いSDK連携を完了させてください
任意でオーディエンス名を設定し、登録したアプリを選択します。
イベントはSDK側で設定したものがプルダウンに表示されますので、オーディエンスとしたいものを選択してください。
イベントによってパラメータの指定が可能です。

注意事項
⋅イベントが発生していない場合はプルダウンにイベント名は出現しません。
⋅一度発生したイベント名は180日間は消えない仕様ですので、ご注意ください。
⋅SDKでイベントの設定をしているにも関わらず、プルダウンに表示されない場合は、連携が失敗しているか、SDK側のイベント設定が間違っている可能性があります。

設定できるイベント一覧とパラメータ

パラメータの指定条件


IDFA/AAIDアップロード
任意でオーディエンス名を設定し、IDFA/AAIDファイルをアップロードしてください。
⋅アップロードファイル制限
- 1行目には項目名ではなくIDFA/AAIDを挿入
(IDFA/AAID1つのファイルでアップロード可能)
- 1行に入力できるIDFA/AAIDは1つのみ
- コンマなどで区切って複数のIDFA/AAIDを入力することは不可
- アップロードできるファイルは最大60MBまで
- CSVおよびTXTファイル形式対応

オーディエンス作成後の編集(追加⋅削除)が可能です。
過去のアップロード状況に関しては履歴で残ります。

LINE公式アカウントの友だちオーディエンス
任意でオーディエンス名を設定し、[アカウントの友だち][ブロック中の友だち]のどちらかを選択して作成します。
[アカウントの友だち]はターゲットリーチです
※オーディエンス作成が出来るのはアカウントに紐づいているLINEIDのみ
※友だち削除済みユーザー、長期間LINEログインしていないユーザーは対象外のためアカウント全体の友だち総数と一致しません
※友だちオーディエンスは利用可能になるまで最大2-3日程度かかる場合があります

類似オーディエンス
ソース元とするオーディエンス、オーディエンスサイズ(拡張率1~15%)を選択してください。

※類似オーディエンスは利用可能になるまで最大24時間かかる場合があります
※ソース元のオーディエンスは含まれません
※類似オーディエンスの作成は上限10個までです


(2019/11/06 時点)

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

審査状況を確認する toggle
広告を入稿すると、審査が行われます。
審査は広告とメディアの両方で行われ、ともに承認されることで広告を配信できるようになります。

メディアの審査状況は、以下の手順で確認します。

メディアの審査状況確認方法
1)メニューバー>共有ライブラリの[メディア]をクリック
2)[審査ステータス]を確認

[審査ステータス]に表示されるステータスは以下のとおりです。

審査中
現在審査を行っている状態です。
広告の作成は可能ですが、配信はできません。

利用可能
審査が完了し、承認された状態です。
設定後に広告配信が可能です。

否認
審査の結果、承認されなかった状態です。
広告の配信はできません。
にマウスオンすると、否認理由が表示されます。

広告の審査状況は、以下の手順で確認します。

広告の審査状況確認方法
1)広告マネージャーの広告タブ、または広告グループをクリックし、広告一覧を表示
2)[配信ステータス]にマウスオン

なにも表示されない場合は、審査が完了し承認された状態です。
[広告が審査中です]と表示された場合、現在審査中です。
否認の場合は、否認された内容が表示されます。


(2019/11/06 時点)

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

基本的な使い方(日本向けサービス)

問題が発生している場合

ヘルプセンター
TOP