LINE

iDeCo

全般

【iDeCo】iDeCoはどのような特徴がありますか? toggle
公的年金を補完する目的でセカンドライフをより豊かなものとする自助努力を支援するため、税制優遇が受けられるという特徴があります。

また、iDeCoはセカンドライフに向けた資産づくりを支援する制度で、個人が任意で加入するものです。
拠出した掛金を加入者自身が運用し、その運用結果に基づいた給付を受ける制度で、拠出⋅運用⋅給付の各段階で、大きな税制優遇を受けられる点が特徴です。
また、制度の目的がセカンドライフの資金準備であることから、原則60歳までは資産を引出すことができない仕組みとなっています。


iDeCoについては、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】iDeCoにおけるLINE証券、野村證券の役割は何ですか? toggle
iDeCoは、いくつかの機関が役割分担をして運営される仕組みとなっています。
その中でLINE証券は、加入者等の窓口となり、「受付金融機関」として、iDeCoへの加入を希望する方々の申出書類の受付を行います。

野村證券は、加入者等の窓口となり、制度や運用に関する情報提供を行う「運営管理機関」としての役割を担っています。

運営体制と資産保護については、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】積み立てた資産は自由に引き出しできますか? toggle
自由に引き出しすることはできません。原則、60歳以降に老齢給付金として受取りになります。
ただし、高度障害状態や加入者の死亡の場合、脱退一時金の要件を満たした場合などは、60歳未満でも引き出すことができます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】LINEのiDeCoの魅力(加入するメリット)は何ですか? toggle
「LINEのiDeCo」5つの魅力ポイント
1.インターネットで加入申込が完結!
2.90年以上の歴史を誇る野村證券の運営だから安心!
3.LINE証券口座をお持ちの場合、最短5分で簡単に申込みできる!
4.運営管理手数料が0円!
5.充実した運用商品ラインナップ!

「LINEのiDeCo」の魅力については、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】iDeCoのデメリットは何ですか? toggle
⋅原則60歳になるまで資産を引出すことはできません。
⋅運用の結果に基づいて年金額を受取ります。事前に受取額は確定していません。
⋅運用状況により、年金資産が減る可能性があります。
⋅加入から受取終了まで、口座管理料などの費用がかかります。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】選べる商品の一覧を確認したい toggle

取り扱い商品はこちらでご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】他の証券会社でNISA口座を持ってますが、LINE証券でiDeCoに加入できますか? toggle
ご加入いただけます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】LINE証券や信託銀行が破たんした場合、自分の資産はどうなりますか? toggle
iDeCoの資産は事務委託先金融機関(信託銀行)で管理されていますので、LINE証券が破たんした場合でも保全される仕組みとなっています。
また、信託銀行では法令により分別管理(自己資産と顧客の資産を分別して管理する事)が義務付けられているため、信託銀行が破たんした場合でも資産が保全される仕組みとなっています。

運営体制と資産保護については、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】「LINEのiDeCo」に加入後、他の金融機関等に変更できますか? toggle
できます。ご希望の他の金融機関にてお手続きをご確認ください。

なお、他の金融機関で加入したiDeCoを「LINEのiDeCo」に変更することはできません。
※現在、運営管理機関変更はお取り扱いしておりません。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】運用商品の変更(運用指図)は、いつでもできますか ? toggle
「LINEのiDeCo」の場合は、いつでも運用指図を行うことができます。
運用指図には、毎月の掛金で運用する商品を変更する「商品別配分変更」と、積立資産を他の運用商品に変更する「スイッチング」の2つの方法があり、WEBサービスかコールセンターで行います。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】iDeCoに関するお取引⋅商品⋅サービスについては、どこに問い合わせすればよいですか? toggle
お手数をおかけしますが、以下のお問合せ先にご連絡願います。

【LINEのiDeCo】運営管理機関 野村證券株式会社
■お問合せフォームはこちら(24時間受付) 

■コールセンター(0120-992-215)
  平日 9:00~17:00

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】iDeCoとDC(確定拠出年金)との違いは何ですか? toggle
iDeCo(イデコ)とは、公募により決定された個人型DCの愛称です。
DC(確定拠出年金)とは、掛金とその運用損益との合計額に基づいて、将来の年金給付額が決まる年金制度です。
※iDeCoは私的年金(自助努力)に位置づけられる制度です。

iDeCoについては、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】確定拠出年金(DC)にはどのような種類がありますか? toggle
確定拠出年金には、企業が退職金や企業年金制度として実施し、企業が掛金を払い込む「企業型DC」と、60歳未満の個人が任意で加入し、自身で掛金を積み立てていく「iDeCo(個人型DC)」の2種類があります。

iDeCoについては、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】運営管理機関とは何ですか? toggle
運営管理機関には、運用関連運営管理機関と記録関連運営管理機関があり、それぞれ役割が異なります。

【運用関連運営管理機関の主な役割】
⋅運用商品の選定及び加入者等への提示
⋅運用商品に関する情報提供、など

【記録関連運営管理機関の主な役割】
⋅加入者等の氏名、住所、個人別管理資産額その他の加入者等に関わる事項の記録⋅保存及び通知
⋅加入者等が行った運用指図の取りまとめ及びその内容の資産管理機関、または国民年金基金連合会への通知
⋅給付を受ける権利の裁定、など

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】iDeCoにおける各機関の役割について、教えてください toggle
■国民年金基金連合会
国民年金法に基づき、国民年金基金の中途脱退者及び解散基金加入者にかかる年金、または遺族一時金の支払いを通算して行うことなどを目的として設立された機関です。iDeCoの運営においては、次の役割を担っています。
⋅加入者資格の確認⋅掛金の限度額管理
⋅加入者からの掛金の収納
⋅iDeCoにおける規約の策定
⋅加入者等に関する原簿を備え、これに加入者等の氏名及び住所、資格の取得及び喪失の年月等の記録⋅保存業務、など

■事務委託先金融機関
国民年金基金連合会からの委託を受けて、以下の業務を行う機関です。(業務は委託を受けた信託銀行が行います)
⋅積立金の管理⋅積立金の運用に関する契約にかかる預金通帳、有価証券その他これに類するものの保管
⋅個人型記録関連運営管理機関の給付裁定に基づく、給付金の支給、など

■商品提供機関
運用関連運営管理機関が選定した商品を提供する銀行、証券会社、生命保険会社、損害保険会社などの金融機関です。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】iDeCoにおける各機関が破たんした場合、資産はどうなりますか? toggle
■運営管理機関
iDeCoの加入者等の資産は、事務委託先金融機関で管理されているため、運営管理機関が破たんしても、積み立ててきた資産は保全されるしくみとなっています。

■事務委託先金融機関
事務委託先金融機関(信託銀行)の資産とiDeCo加入者等の資産は、分別管理されているため、事務委託先金融機関が破たんしても積み立ててきた資産は保全されるしくみとなっています。

■商品提供機関
商品の種類によって、加入者保護のしくみが異なります。
【定期預金】預金保険制度により、破たんした金融機関で保有している他の預金と合算して元本1,000万円までと破たん日までの利息が保護されます。
【生命保険商品】生命保険契約者保護機構により、責任準備金の90%までが補償されるしくみとなっています。
【損害保険商品】損害保険契約者保護機構により、保険金⋅返戻金の90%までが補償されるしくみとなっています。
【投資信託】投資信託の資産は、受託会社(信託銀行)で分別管理されています。そのため、受託会社が破たんしても資産は保全されるしくみとなっており、販売会社⋅運用会社が破たんしても資産は保全されるしくみとなっています。

運営体制と資産保護については、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】加入とは何のことですか? toggle
iDeCoに申込み、掛金を拠出することを加入と言います。
基本的に20歳以上60歳未満の公的年金の被保険者の方に、加入いただけます。
(2022年5月以降は、加入可能年齢が65歳未満までに引き上げられる予定です。)

ただし、以下の方は加入できませんのでご注意ください。
⋅国民年金の保険料納付免除(一部免除含む)、納付猶予を受けている方(障害基礎年金の受給者を除く)
⋅農業者年金に加入している方
⋅企業型確定拠出年金の加入者の方で、規約においてiDeCoへの加入が認められていない場合
⋅海外に居住し、国民年金の被保険者資格がない方(住民票を除票し海外に出国している方)

新規加入につきましては、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】拠出とは何ですか? また、掛金を拠出していなくても、加入者等期間としてみなされますか? toggle
拠出とは、掛金を確定拠出年金(DC)専用口座に積み立てていくことを指しています。

なお、60歳未満の方が掛金の拠出を行っていない(運用指図者)期間も加入者等期間として扱われます。
この期間は60歳以降にiDeCoの資産を受け取る条件の加入者等期間に算入されます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】加入者等期間に含まれないのは、どのような場合ですか? toggle
確定拠出年金(企業型⋅iDeCoともに)の掛金を拠出している期間、運用指図者期間を合算して、加入者等期間といいます。
企業型確定拠出年金の加入者資格を喪失した後、移換手続きを行わずに自動移換された場合は、自動移換されている期間は加入者等期間に算入されません。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】資産を持ち運べる(ポータビリティ)とは、どういうことですか? toggle
加入後に職業が変わった場合でも確定拠出年金制度で積み立て⋅運用を続けられるように、企業型DC⇔iDeCoの制度間で資産を移し換えることができる、つまり「持運び」ができるということです。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】iDeCoのメリットは何ですか? また、所得がない場合は加入するメリットはありませんか? toggle
【メリット】
⋅加入者自身が運用の方法を決めることができ、運用次第で年金資産を大きく増やすことが期待できます。
⋅年金資産が個人ごとに管理されているため、残高や運用状況が明確に把握できます。
⋅職業が変わった場合でも年金資産の持運びが可能であり、セカンドライフのための資産形成を継続できます。
⋅掛金額は法令上の限度額の範囲内で月額5,000円以上1,000円単位の任意の額を自分で決めることができます。
⋅掛金額は全額所得控除の対象となるなど、さまざまな税制優遇が適用されます。

なお、所得がない方の場合は、掛金を拠出した際の所得控除のメリットはありませんが、運用益に税金がかからないため、有利に資産形成できること、受取時にも控除(退職所得控除、公的年金等控除が適用される)が受けられることなどのメリットがあります。

iDeCoについては、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】確定拠出年金(DC)専用口座は、自由にお金を出し入れすることはできますか? toggle
一般の預貯金口座や証券口座とは異なり、自由にお金を出し入れできる口座が作られるものではありません。
確定拠出年金の資産の管理のみを行う口座です。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】自営業者等は掛金引落口座として事業所の口座を指定できますか? toggle
できません。自営業者等の国民年金第1号被保険者の掛金引落口座は、本人名義のものに限ります。
iDeCoの掛金は小規模企業共済等掛金控除の対象であり、本人の所得からのみ控除される仕組みとなっています。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】分配金の配当方法はどうなっていますか? toggle
分配金とは各投資信託ごとに定められた収益分配方針に基づき、投資信託から保有者に現金として払い出される金額です。
確定拠出年金制度では、一旦払い出された分配金は自動的にもとの商品に再投資されます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】自分の資産の運用状況や口座残高は、どこで確認できますか? toggle
運営管理機関(野村證券)の加入者サイトで確認できます。
ご利用の際は口座番号とパスワードが必要です。パスワードの再発行はログイン画面の【パスワード再発行】からお手続きください。
また、「お取引状況のお知らせ」が年1回(1月頃)お届け先住所に送付されます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】確定拠出年金で損をした場合はどうなるのですか ? toggle

自己責任の制度のため、損益はご自身に帰属します。 掛金の拠出⋅運用は、加入者自身が行い、運用成果は良かった場合も悪かった場合も、年金の受取金額に反映されます。

したがって、運用に関する知識を身に付け、実践することが大変重要になります。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】どの商品を選んでいいのかわからない時は、どうすればいいですか ? toggle
個人ごとに運用に対する考え方や積立額⋅積立期間なども異なりますので、自分にあった運用を行うことが大切です。
自分にあった資産の検討や運用商品選びの参考としてご活用いただけるよう、WEBサービスではシミュレーションツールをご用意しています。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】最初に選んだ商品は、そのまま受け取るまで保有すべきですか ? toggle
運用は、最初に運用商品を選んだら終わりではありません。
状況に合わせて、運用プランの見直しも必要になってくると思われます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】商品は複数選ばないといけないのですか ? toggle
1つの運用商品のみを選ぶことも可能です。投資信託であれば、単一の運用商品であっても分散投資がはかられています。
ただし、国内外の株式や債券など複数の資産に投資する運用商品を組み合わせた方が、より分散投資の効果を得られる可能性があります。また、1つの投資信託で複数の資産に投資するバランス型⋅リスクコントロール型の投資信託もあります。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】投資信託って何ですか ? toggle
株式や債券等の多数の銘柄に分散投資した運用商品です。多くの投資家から資金を集め、専門家がさまざまな銘柄に投資します。
1人ひとりの資金は少なくても、分散投資の効果が得られるため、個別の株式や債券に投資した場合と比べると、リスクが小さくなる傾向があります。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】選べる商品の数に制限はありますか? toggle
商品ラインアップの中から選択する商品の数に制限はありません。
商品の選択は割合で指定するしくみとなっており、1%単位で指定することができます。
※金額指定ではありません

加入手続き完了後、パスワードのお知らせなどが届きましたら、加入者専用サイトにて、運用商品を指定する手続きを行います。
※初回の掛金が拠出されてから、運用商品の指定をされないまま一定期間が経過しますと、自動的に「指定運用方法」の商品が購入されることになります。

指定運用方法については、こちらとご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】掛金で購入する商品だけ、変更することはできますか? toggle
できます。掛金で積み立てる商品⋅配分割合を変更する手続きは「商品別配分変更」といいます。
※商品の変更にあたり、手数料は発生しません。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】残高分(保有している商品)だけ変更することはできますか? toggle
できます。保有している商品の一部、または全部を売却(解約)し、他の商品を購入する手続きは「スイッチング」です。
売却のみはできず、必ず他の商品を購入することになります。
商品によっては、信託財産留保額がかかりますが、変更にあたり手数料は発生しません。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】指定運用方法とは何ですか? toggle
指定運用方法とは、掛金の配分指定(どの商品で積み立てるかの指定)がなされていない場合に、一定期間(掛金の初回拠出から3ヶ月(特定期間)+31日(猶予期間))経過すると自動的に購入される商品のことをいいます。
掛金の拠出が始まってからも積み立てる商品の指定がされていない場合は、自動的にお客様の生年月日に応じて、指定運用方法の商品【マイターゲット】が購入されます。

指定運用方法については、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】国民年金基金にも加入していますが、iDeCoに加入できますか? toggle
ご加入いただけますが、国民年金基金に加入されている場合は、国民年金基金の掛金額とiDeCoの掛金額を合算して月額68,000円を超えないようにiDeCoの掛金額を設定しなければなりません。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】NISAとiDeCoは、どちらが有利ですか? toggle
NISAは個人投資家の中長期の資産形成を支援する制度です。NISA口座では、売却益⋅配当金⋅分配金等が非課税になるという税制メリットがあります。

iDeCoはセカンドライフに向けた資産づくりを支援する制度で、拠出⋅運用⋅給付の各段階で税制メリットがあります。
ただし、加入資格があること、年間の拠出額(掛金の積立額)には上限があり、加入資格に応じて異なること、原則として60歳になるまでは資産を引出すことができないなどの制限があります。

iDeCoについては、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】国民年金基金とiDeCoは、どちらが有利ですか? toggle
国民年金基金、iDeCoとも拠出した(積み立てた)掛金が全額所得控除の対象となる点、受け取る年金が公的年金等控除の対象となる点では、税制優遇の効果は同じであると言えます。
異なる点は、iDeCoは加入者本人が自己の責任において運用を行い、運用成果に応じた額を受け取ることになるため、加入時には将来の受取額が決まっていないことに対し、国民年金基金は将来の受取額や受取期間が決まっていることです。

iDeCoについては、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】生命保険会社の個人年金とiDeCoは、どちらが有利ですか? toggle
生命保険会社の個人年金の保険料は、個人年金保険料控除として所得控除の対象となります。
2012年1月1日以降に締結した控除対象となる契約で、年間8万円超の保険料を支払った場合で、所得税を計算する際の控除額は、年間一律4万円です。(住民税を計算する際の控除額は、年間5万6千円超の保険料を支払った場合に、年間一律2万8千円です)
※上記は控除額であり、税金の軽減額ではありません。

iDeCoは拠出(積み立てた)掛金は全額所得控除の対象となるため、所得控除という点ではiDeCoが有利であるといえます。
なお、個人年金は契約内容などによっても受取額や受取期間が異なります。

iDeCoについては、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】確定給付企業年金とは何ですか? toggle

企業年金制度の1つです。

将来、受け取る金額を決めて、企業が従業員のために運営する仕組みとなっています。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】iDeCoとつみたてNISAの違いは何ですか? toggle
iDeCoは老後のための資産形成を目的とした制度です。拠出⋅運用⋅給付の各段階で税制優遇が受けられるメリットがある一方で、原則60歳までは資産を引出すことができません。

つみたてNISAは、中長期の資産形成を目的とした制度です。非課税対象期間中は、運用益には税金がかかりません。
引出制限もないため、資金が必要なときはいつでも売却することができます。
それぞれ制度の特長などを確認し、資産形成の目的に応じてご利用ください。

iDeCoについては、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】企業型に加入していますが、個人型iDeCoにも加入できますか? toggle
企業型加入者の方も、企業型の規約で定めることにより個人型へ加入して掛金の拠出ができるようになりました。
※2017年1月より。ただしマッチング導入の企業は個人型iDeCoへは加入できません

iDeCoについては、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】小規模企業共済へ加入しているが、iDeCoへの加入は可能ですか? toggle
加入は可能です。小規模企業共済も退職後の生活資金として自身で積み立てる制度です。

小規模企業共済の掛金は、1,000円から70,000円まで500円刻みで掛ける事ができ、その年に払い込んだ掛金は全額所得控除が受けられます。
小規模企業共済等掛金控除の限度(上限金額)はありません。そのため、小規模企業共済上限70,000円/月、iDeCo上限68,000円/月で加入した場合でも全額控除されます。

iDeCoについては、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】基礎年金番号とは何のことですか。また、確認する方法はありますか? toggle
公的年金(国民年金、厚生年金保険)の被保険者の方の加入記録を一元管理するための共通の番号で、10桁の数字で構成されています。
年金手帳(青)、基礎年金番号通知書、国民年金保険料の納付書などに記載されています。

ご不明な場合は、最寄りの年金事務所や会社員⋅公務員等の方は、お勤め先の担当部署でご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】国民年金基金の加入員番号とは何ですか? toggle
国民年金基金に加入した場合、国民年金の「基礎年金番号」とは別に発行される12桁の加入員番号です。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】還付金とは何ですか? toggle
毎年1回、前年1月から12月までの国民年金保険料の納付状況の確認が行われます。
その際に、国民年金保険料が納付されていない月に掛金を拠出されていたことがわかった場合は、保険料未納月の掛金相当額が4月に還付されることになり、その通知が届きます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】中小事業主掛金納付制度とは何ですか ? toggle
個人型確定拠出年金では加入者本人が掛金を拠出しますが、一定の要件を満たしている中小事業主に使用される従業員であれば、事業主が必要な手続き等をとった場合、従業員の加入者掛金に対して、事業主が中小事業主掛金を上乗せ(追加)して拠出することができる制度です。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】どの運用商品を選んだらよいか、いつ商品変更したらよいかなどのアドバイスをしてもらえますか? toggle
確定拠出年金制度は自助努力が求められる制度であり、加入者⋅未加入者を問わず、具体的な商品の選択やスイッチングのタイミング等に関する「投資アドバイス」は法令上禁止されています。
加入手続き後は加入者専用サイトのシミュレーションツールをご利用いただけます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】資金が必要になったとき、任意で一部または全部を解約することはできますか? toggle
できません。
制度上、任意での解約は認められていません。また、借入れの担保とすることもできません。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

加入資格

【iDeCo】現在、LINE証券に証券口座を開設していなくても、LINEのiDeCoに加入できますか? toggle
ご加入いただけます。LINE証券に口座がなくても、現在ご利用いただいている金融機関の口座から引落ができます。(ネット銀行など一部の金融機関の口座からは引落ができない場合もあります。)

外国籍の方も日本に住民票があり、公的年金に加入している60歳未満の方であればご加入いただけます。
なお、帰国されて国民年金の被保険者でなくなると掛金をかけられなくなり、脱退もできくなる可能性があります。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】iDeCoに複数の金融機関を通じて加入することはできますか? toggle
複数の金融機関での加入はできません。1人1口座のみです。
なお、他の金融機関で加入したiDeCoを「LINEのiDeCo」に変更することはできません。
※現在、運営管理機関変更はお取り扱いしておりません。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】iDeCoに加入できない(掛金の積み立てができない)人は、どんな人ですか? toggle
iDeCoに加入できない人(掛金の積み立てができない人)は、以下の通りです。
⋅60歳以上の方⋅国民年金の保険料免除(一部免除を含む)、納付猶予を受けている方
⋅農業者年金の加入者
⋅企業型DCの加入者のうち、規約でiDeCoへ加入できることが定められていない場合
⋅海外に居住し、国民年金の被保険者資格を喪失した方
⋅国民年金基金に加入しており、月額63,000円を超える掛金を出している方
※国民年金基金に加入されている場合は、その掛金とiDeCoの掛金額を合算して月額68,000円までとなります

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】以前の勤め先で確定拠出年金(DC)に加入していましたが、iDeCoに加入するにあたり、気を付ける点はありますか? toggle
60歳未満で中途退職などにより、企業型DCの加入者資格を喪失した方は、企業型DCで積立⋅運用してきた資産を移し換える手続きが必要です。
企業型DCの加入者資格を喪失してから6ヶ月を経過すると、資産は自動的に売却(解約)され、国民年金基金連合会の仮預かり口座へ移されます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】加入後、海外に居住することになってもiDeCoでの積み立てを続けられますか? toggle
海外に居住し、国民年金の被保険者資格を喪失した場合は、iDeCoの加入資格も喪失するため、積み立てを続けることはできません。
積み立てを続けることができなくなった場合でも、原則として60歳になるまでは資産を引出すことはできません。
ただし、会社員や公務員等の方で海外に赴任される場合、期間が短く、引き続き厚生年金保険の被保険者であるときは、掛金の拠出を続けることができます。(2021年4月現在)

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】障害基礎年金を受給している方は加入できますか? toggle
20歳以上60歳未満の障害基礎年金受給者の方は加入できます。
障害基礎年金の受給者の方は、国民年金の保険料納付については法定免除されていますが、iDeCoに加入し、掛金を積み立てることができます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】専業主婦(夫)の方が加入する際に気を付けるポイントは何ですか? toggle
所得のない専業主婦(夫)の方が拠出した掛金を、配偶者の所得から控除することはできません。
掛金の所得控除のメリットについては、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】18歳で厚生年金に加入している人はiDeCo加入できますか? toggle
ご加入いただけます。
ただし、20歳になる前にお勤め先を退職され、厚生年金の被保険者ではなくなった場合は、掛金の拠出ができなくなります。
※20歳以降に国民年金の被保険者となりましたら、掛金の拠出を再開できます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】加入の際の資格チェックはありますか? toggle
国民年金連合会にて加入資格の要件などを確認いたします。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】資格喪失年月日が分かりません。どこで確認できますか? toggle
企業型確定拠出年金の加入者資格を喪失した後に受取った書類などに記載されています。
書類がお手元にない場合などは、以前のお勤め先の担当部署、加入していた企業型確定拠出年金の運営管理機関のコールセンターにお問合せください。
退職による加入者資格喪失の場合、退職日の翌日が資格喪失日となります。
(例:退職日が3月31日の場合、資格喪失日は4月1日です。)

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】被保険者種別とは何のことですか? toggle
iDeCoの申込における「被保険者」とは、国民年金の被保険者を指しています。
ご職業などにより、3つの種別に分類されており、自営業者や学生などは第1号被保険者、会社員や公務員等の厚生年金保険に加入している方は第2号被保険者、第2号被保険者の被扶養配偶者の方は第3号被保険者となります。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

申込

【iDeCo】iDeCoの申込方法を教えてください toggle
LINEのiDeCoでは、WEB申込のみとなっております。
以下ページの「加入申込へすすむ」をタップしお申込みください。

⋅LINEのiDeCoページ

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】誰でもiDeCoに加入することができますか ? toggle
20歳以上60歳未満の公的年金の被保険者の方に、加入いただけます。
(2022年5月以降は、加入可能年齢が65歳未満までに引き上げられる予定です。)

ただし、以下の方は加入できませんのでご注意ください。
⋅国民年金の保険料納付免除(一部免除含む)、納付猶予を受けている方(障害基礎年金の受給者を除く)
⋅農業者年金に加入している方
⋅企業型確定拠出年金の加入者の方で、規約においてiDeCoへの加入が認められていない場合
⋅海外に居住し、国民年金の被保険者資格がない方(住民票を除票し海外に出国している方)

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】申込後、手続が完了するまではどのくらいかかりますか? toggle
お申込み後、手続きが完了するまでには約1ヶ月~2ヶ月かかります。
お申込みいただいた内容に不備がないことが確認できましたら、国民年金基金連合会へデータを送付し、加入資格があるかについて審査が行われます。

国民年金基金連合会で不備なく受付が完了しましたら、お申込み月の翌月中旬ごろに、ご自宅宛てに国民年金基金連合会⋅JIS&Tからお知らせが郵送されますので、ご確認ください。(お申込み日によっては、翌々月になることがあります。)

加入申込後の手続きは、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】申込ができないケースはありますか? toggle
LINEのiDeCoはWEB申込のみのため、以下のお申込みができません。
⋅海外に居住されている場合
⋅お勤め先の登録事業所番号が分からない(未登録含む)場合
⋅掛金の納付方法で「事業主払込」を希望される場合
⋅本人確認書類として運転免許証、健康保険証をご利用できない場合
⋅毎月定額以外での掛金拠出を希望される場合
⋅運営管理機関の変更を希望される場合

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】申込時に登録するメールアドレスに制限はありますか? また、登録したメールアドレスを別のメールアドレスに変更できますか? toggle
メールアドレスに制限はありません。

ご登録いただいたメールアドレスでお申込み手続きを進めますので、お申込みが完了するまで変更することはできません。申込画面へのログイン時にはご登録のメールアドレスが必要となります。
※お申込みの状況をご登録のメールアドレスへ送信いたします。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】パスワードの設定条件はありますか? また、パスワードを何度か続けて誤って入力してしまい、ログインができなくなりました toggle
8~16桁の英数字(a~z、A~Z、0~9)の組み合わせでお願いいたします。英字のみ、数字のみや連続した英数字(1234,abcdなど)、すべて同じ英数字(0000,aaaaなど)、メールアドレスと同じものは登録できません。

パスワードを5回連続で誤って入力された場合は、安全のためご利用を停止しております。
パスワード再設定画面からパスワードを再設定後、ログインをお願いいたします。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】WEB申込サイトにログインできません toggle
ログインできない理由としては、以下が考えられます。
⋅最終ログイン日時から1ヶ月以上が経過している
⋅登録した生年月日等が誤っていた
※登録メールアドレスが使えなくなってしまった場合は、あらためて新規登録からやり直しをお願いします。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】iDeCoでは、数ヶ月分まとめて掛金を拠出できると聞きましたが、どのように申し込めばよいでしょうか? toggle
LINEのiDeCoは、毎月/定額での拠出のみのお手続きとなります。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】LINE証券の証券口座から掛金を引き落とすことはできますか? toggle
証券口座から掛金の引き落としはできません。
また、電子マネーやクレジットカードからの引き落としもできません。
掛金はご本人名義の銀行口座からの引き落としのみとなります。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】書類での申込みはできますか? toggle
LINEのiDeCoでは、WEB申込のみとなっております。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】本人以外の者が代理で申込み手続きをすることはできますか? toggle
ご本人以外の方が代理で手続きをすることはできません。
お申込みされるご本人がお手続きください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】不備連絡がきました。いつまでに修正すればよろしいですか? toggle
原則として、1ヶ月以内に不備の修正をお願いします。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】申込確認ボタンを押した後に、誤りに気付きました。訂正したいのですが、どうしたらよいですか? toggle
申込確認ボタンを押した後は、訂正できません。
入力いただいた内容に不備がある場合は、ご登録のメールアドレスにメールにてご連絡いたします。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】誤って2回、申込みをしてしまいました。エラーにはなりませんでしたが、なぜですか? toggle
iDeCoは、1人1口座のみのとなりますので、重複して申込みはできません。
別々で2回お申込みいただいた場合でどちらも不備がなければ、国民年金基金連合会で先に受付けられた内容で申込手続きが進められます。
※他の金融機関等でお申込みされた場合も同様です。

申込画面に入力いただく時点では既に加入されているか、お申込みされているかについてのチェックは行えないため、エラーにはなりません。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】1ヶ月以上前に申込み途中(一時保存)であったため、申込みを再開しましたが再開できません toggle
最終ログイン日時から1ヶ月が経過した場合は、一時保存中のお申込み内容は自動的に削除されます。
お申込みが再開できないときは、あらためて新規登録からのお手続きが必要です。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】本人確認書類として使用できるものを教えてください toggle
運転免許証または健康保険証をご提示いただきます。
※ご利用いただけるファイル形式は、JPG、PNG、PDFです。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】本人確認書類の画像を撮影する際の注意点はありますか? toggle
スマートフォン⋅デジタルカメラ等で撮影する際は、以下の点にご注意ください。
⋅記載内容がはっきりとわかるようにカードの輪郭と文字にピントを合わせてください。
⋅画面いっぱいまで大きく、斜めにならないように撮影してください。

照明の光や影が入っている、ピントが合っていない、画像が暗い、記載内容が確認できない場合などは、不備となります。
項目によってマスキング(記載を隠すことなど)が必要な場合があります。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】氏名がカタカナ表記になっています toggle
iDeCoの加入資格審査を行う国民年金基金連合会が申込データ授受において、文字コードに制限を設けられています。
そのため、証券口座の登録情報を引継ぐ際に自動的にカタカナ表記に変換しております。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】氏名や住所の漢字変換ができません toggle
iDeCoの加入資格審査を行う国民年金基金連合会が申込データ授受において、文字コードに制限を設けられています。
そのため、漢字変換に一部制約がございます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】氏名や住所等が変更できません toggle
証券口座の登録情報を引継いでいる項目につきましては、変更ができません。
表示されている内容の変更が必要な場合は「入力不可項目の修正」ボタンを押していただき、該当箇所を変更してください。
※その際は、本人確認書類の添付が必要です。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】他年金制度の状況とは何ですか? toggle
お勤め先で導入されている企業年金制度によって、拠出できる掛金の上限額が異なるため、加入手続きにおいて確認が必要です。
お勤め先のご担当者に記入いただいた書類【事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書】の項目「4.企業年金制度等の加入状況」に記載されている2桁の数字を入力してください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】国民年金の付加保険料とは何ですか? toggle
国民年金の保険料に付加保険料(月額400円)を上乗せして納めることで、将来受給する年金額を増やすことができる制度です。
付加保険料を納めている方は、iDeCoの掛金額は月額67,000円までとなります。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】事業主払込も選べると聞きましたが、入力するところがありません toggle
WEB申込でのお申込みの場合は個人払込(ご本人名義の口座からの引落)のみのお手続きとなります。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】移換元記録関連運営管理機関について確認する方法はありますか? toggle
企業型確定拠出年金の加入者資格を喪失後に受取った書類などに記載されています。
書類がお手元にない場合などは、以前のお勤め先の担当部署、加入していた企業型確定拠出年金の運営管理機関のコールセンターにお問合せください。
なお、企業型確定拠出年金の加入者資格を喪失してから、6ヶ月以上経過している場合は「8800000:特定運営管理機関」を選択してください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】【事業所登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書(様式K-101A)】は、フローチャート(様式K-101A 2号)の提出も必要ですか? toggle
WEB申込の場合は、フローチャート(様式K-101A 2号)の提出は必要ありません。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】事業主の証明書はどのようなファイル形式でアップロードができますか? toggle
ご利用いただけるファイル形式は、JPG、PNG、PDFになります。
スマートフォン⋅デジタルカメラ等で撮影する際は、以下の点にご注意ください。
⋅記載内容がはっきりと分かるように書類の輪郭と文字にピントを合わせてください。
⋅画面いっぱいまで大きく、斜めにならないように撮影してください。

記載内容が確認できない場合などは、不備となります。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】事業主の署名欄は手書き以外で、スタンプ等を使用しても構いませんか? toggle
事業所の住所等はゴム印やスタンプでも構いませんが、ブレがないようにはっきりと押してください。
「証明日」「事業所名称のフリガナ」などもご記入ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】登録事業所番号が分かりません。どこで確認できますか? toggle
WEB申込でのお申込みの場合は、お勤め先がiDeCoの事業所として個人払込の事業所登録をしていることが条件となります。
登録事業所番号はお勤め先のご担当者にご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】事業主の証明書については、 どのような場合が不備になりますか? toggle
すべての項目にはっきりとわかるようご記入下さい。
以下のような場合は不備となりますので、ご注意ください。
⋅必要事項が記入されていない
⋅書類に記載されている氏名が申込希望者本人の氏名と異なる
⋅画像のピントが合っていない、記載内容が確認できない

WEB申込では「個人払込」のみとなりますので、個人払込での登録事業所番号が必要です。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】画像の添付が必要な「事業主の証明書」は、どのように準備したらよいですか? toggle
「お申込みに必要な書類」画面にPDFファイルを掲載しておりますので、ダウンロード後、印刷いただき、お勤め先のご担当者に記入を依頼してください。
記入の際の注意点などは記入例にてご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】なぜ勤務先の事業主の証明書が必要なのですか? toggle
加入の可否や掛金の上限額を判定するため、事業主の証明書の提出が必要となります。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

手数料⋅費用

【iDeCo】iDeCoに加入すると、手数料⋅費用がかかりますか? toggle
LINEのiDeCoは、掛金⋅残高にかかわらず条件なしで、運営管理機関手数料は0円ですが、口座管理料などの手数料がかかります。
国民年金基金連合会へ支払うものとして加入手数料2,829円(加入時のみ)と事務取扱手数料105円/月、事務委託先金融機関へ支払うものとして66円/月がかかります。
手数料につきましては、こちらをご確認ください。

なお、商品別配分変更には費用はかかりませんが、スイッチングは運用商品によって異なります。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】口座管理料は掛金額とは別に引き落とされますか? toggle
口座管理料は毎月の掛金から自動的に差し引かれます。
そのため、確定拠出年金の口座に積み立ててられる金額は、掛金から口座管理料が差し引かれた後の金額となります。

手数料につきましては、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】運用指図者の場合、手数料はどこから引き落とされますか? toggle
運用指図者の方の手数料は、年に1回、資産を取り崩して(手数料相当分の運用商品を解約⋅売却)徴収されます。
別途、手数料分の振込などは不要です。

なお、運用指図者の方で手数料が差引かれて資産がなくなった場合は、iDeCoの継続不可になり、口座も使えなくなります。

手数料につきましては、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

掛金⋅受給

【iDeCo】掛金はどのように支払うのですか? また、銀行口座の残高不足で掛金が引落されなかった場合はどうなりますか? toggle
ご加入時に掛金引落口座として指定されたご本人名義の金融機関の口座から、毎月26日(休業日の場合は翌営業日)に引落されます。
※引落口座に証券会社の口座は指定できません。

なお、残高不足で掛金が引落されなかった場合は、その月は拠出がなかったものとして扱われます。
iDeCoでは掛金の前納⋅追納、後日、振込をすることもできません。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】掛金額に制限はありますか? toggle
掛金額には法令上の限度額が定められています。

【自営業者等の国民年金第1号被保険者の方】
月額68,000円まで(年額81.6万円)※国民年金の付加保険料、または国民年金基金の掛金と合算して月額68,000円までです。

【会社員等の国民年金第2号被保険者の方】
(企業年金制度の対象者であるかによって異なります)
⋅企業年金なし/企業型DCなし:月額23,000円(年額27.6万円)
⋅企業型DCのみ:月額20,000円(年額24.0万円)
⋅企業年金あり:月額12,000円(年額14.4万円)
※企業年金とは、厚生年金基金⋅確定給付企業年金、石炭鉱業年金基金を指しています。

【公務員⋅私立学校教職員等の国民年金第2号被保険者の方】月額12,000円(年額14.4万円)
【専業主婦(夫)である国民年金第3号被保険者の方】月額23,000円(年額27.6万円)

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】掛金を拠出するとどれくらいの節税効果がありますか? toggle
「iDeCoの節税メリット」および「節税シミュレーション」画面にてご確認ください。

⋅iDeCoの節税メリット
⋅節税シミュレーション

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】年金で受け取る場合は、いつまで受け取れますか? toggle
年金で受け取る場合は、5年以上20年以下の間で受取期間を選択します。
年金での受取を希望される場合は、何歳から受け取るか、何歳まで受け取りたいか、などライフプランを考えたうえで受取開始時期を決めて手続きをします。
※終身で受け取ることはできません

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】年金で受け取る場合は、年に何回受け取れますか? toggle
LINEのiDeCoでは、年間の受取回数は以下から選択できます。
年1回(12月)
年2回(6,12月)
年3回(4,8,12月)
年4回(3,6,9,12月)
年6回(偶数月)
年12回(毎月)
※給付手数料がかかります。(1回につき、440円(税込))

手数料につきましては、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】年金と一時金では、どちらが受け取る際の税制メリットが大きいですか? toggle
どちらが有利であるかは一概に判断できません。
iDeCo以外の制度で受け取る年金や一時金と合算したうえで、税額が計算されるので、他の制度も含めた受取総額や加入者等期間により、控除額や適用される税率が決まるためです。

iDeCoの節税メリットはこちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】年金受取を選択した場合、その後も運用するのですか? toggle
給付を受ける一方で、残りの年金資産を受け取り終わるまで運用を続けます。

給付については、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】iDeCoの資産を年金で受け取るメリットは何ですか? toggle
年金として受け取る場合は、確定拠出年金(DC)専用口座で引続き運用を続けることになりますので、運用益には税金がかからないという税制メリットを活用できます。
また、受け取る年金は公的年金等控除が適用され、税金が軽減されるしくみとなっています。
ただし、雑所得として扱われるため、健康保険⋅介護保険料の算定の際に影響を受けることがあります。
また、口座管理料及び給付手数料は加入者ご本人の負担となります。

給付については、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】給付金の受け取り手続きをしない場合、どうなりますか? toggle
受け取り手続きをされていない方に対しては69歳になる時に勧奨案内と手続き書類が送付されます。
70歳までに受け取り手続きをされなかった場合は、70歳到達後に催告の案内が送付されます。
※年金での受け取りや併給が不可となり、一時金で請求していただくことになります。
(2021年4月現在)

給付については、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】給付金を受け取る時期は、自由に決めることができますか? toggle
60歳以降、70歳になるまでの間で受取時期を決めることができます。
(2021年4月現在)

給付については、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】給付金は自動的に振り込まれますか? toggle
振り込まれません。給付金を受け取るためには手続きが必要です。
60歳到達時点で受給資格がある方(通算加入者等期間が10年以上ある方)には、60歳になると受取手続のご案内が送付されます。

給付については、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】給付とは何ですか? toggle
確定拠出年金(DC)専用口座で積立⋅運用を行ってきた資産を受け取ることをいいます。
また、給付金の受け取りは原則60歳以降可能です。
ただし、60歳到達後すぐに受け取るためには、60歳到達時点の通算加入者等期間が10年以上あることが必要です。

給付については、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】年金以外の受取方法はありますか? toggle
LINEのiDeCoでは年金以外に一時金で受け取ることもできます。
また、一部を一時金で受け取り、残りを年金で受け取るという「併給」を選択することもできます。
(併給の例:資産の30%を一時金で受け取り、残り70%は年金として10年間受け取るなど)

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】年金の給付金額はいくらですか? また、年金として受給する場合、1回ごとの金額指定はできますか? toggle
給付金額は決まっていません。
積み立てている掛金額と運用の結果によって決まります。

また、年金として受け取る場合は1回ごとの金額指定はできません。
受取期間⋅回数に応じて、預金や投資信託で運用しているiDeCoの資産を解約⋅売却して、現金化した額となります。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】一時金での受給手続き方法を教えてください toggle
受給要件を満たしている方には、60歳到達後にご登録いただいているご住所宛に一時金での受取手続き用の書類が送付されますので、必要事項を記入し、添付書類をご用意いただきご提出ください。
年金での受取を希望される場合は、必要書類をご請求いただき、手続きしてください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

【iDeCo】掛金引落口座として指定できない金融機関はありますか? toggle
国民年金基金連合会と口座振替契約をしていない一部の金融機関は指定できません。
(指定できない金融機関:じぶん銀行、セブン銀行など)
※引落口座に証券会社の口座は指定できません。

お申込みにあたっては、ネット口座振替受付サービスを利用します。
詳細は「口座振替のお申込み」画面にてご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ