LINE

ヘルプ

ユーザー間のトラブル

犯罪被害にあってお困りの場合 toggle
犯罪に繋がると思われる行為でお困りの場合は、警視庁サイバー犯罪対策などの警察機関へご相談ください。

なお、弊社は警察機関などから対応の協力要請があった場合は要請内容に応じて、対応を行っております。
迷惑行為については各種通報窓口を設けておりますので、通報にご協力をお願いいたします。

通報の手順は下記を参照してください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

迷惑誹謗中傷等を受けた場合 toggle
迷惑行為については各種通報窓口を設けておりますので、通報にご協力をお願いいたします。

通報の手順は下記を参照してください。


LINE LIVEサービス上で他のユーザーから迷惑行為を受けるなどの問題が発生した場合は、あくまでも「当事者同士で解決すること」をお願いしています。
当事者同士での解決が難しい場合には、消費生活センターや警察のサイバー犯罪相談窓口、最寄りの警察署に相談してください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

ユーザー同士のトラブルを解決したい toggle
恐れ入りますが、お問い合わせ頂いてもトラブルの仲裁はできかねます。
ユーザー間のトラブルは、当事者間で解決をお願いします。

なお、LINE LIVEではお客さまが安心してご利用できるよう、利用時の注意と各種通報窓口を設けています。
お客さまが自身がトラブルの当事者であり、他のユーザーから迷惑行為を受けている場合は以下のヘルプを参照してください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

権利侵害の申告について toggle
LINE LIVE内の利用者がアップロードされた内容に権利侵害の可能性があると申告をいただいた場合、弊社では、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(いわゆるプロバイダ責任制限法)及びプロバイダ責任制限法ガイドライン等、検討協議会の定めるガイドラインに従って対応させていただいております。 
同ガイドラインにも定めがございますが、権利侵害の有無を適切に判断するため、弊社では原則として権利者ご本人様からのご要請がある場合に限り、削除等の対応を検討しております。 

お客さまからご申告いただいた削除等の対応を実施するにあたり、確実で誤りのない調査および対応のため、上記プロバイダ責任制限法に定める送信防止措置手続により必要書類のご提出をお願いさせていただいております。 
当該書類についての詳細につきましては、上記プロバイダ責任制限法ガイドライン等検討協議会の定めるガイドラインを掲載しているサイトの「送信防止措置手続」をご参照ください。

上記のガイドラインに則った手続を進めるために、弊社からお客さまへ必要書類の提出をお願いする必要がございます。 
削除要請等につきましては上記の手続をご理解いただいた上、こちらよりご連絡いただきますようお願い申し上げます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

利用停止された理由を知りたい toggle
LINE LIVEでは、利用規約に違反する行為が確認された場合は利用停止処理が行われることがあります。
利用停止期間や理由などの具体的な内容に関しては、アプリ内でお知らせしております。

措置に関して異議申し立てをされる場合は、LINE LIVEのお問い合わせフォームから連絡してください。
なお、お問い合わせいただいても、回答できかねる場合がありますので、ご了承ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

ヘルプセンター
TOP