LINE

ヘルプ

トーク⋅友だち

トーク

1:1トークはどんな機能ですか? toggle
LINEの通常のトークのように、ユーザーがLINE@アカウントに話しかけることで1:1のトークを行うことができる機能です。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

1:1トークを利用開始するにはどうしたらいいですか? toggle
1:1トークを利用開始するには、以下の手順を参照してください。

設定手順
1) LINE@アプリを起動
2)[管理]>[応答モード]>[1:1トークモード]をONに変更
※認証済みアカウントのみ、PC版管理画面でも操作できます。

なお、初めて1:1トークモードの設定を変更する場合、年齢認証が必要です。
年齢認証についてはこちらを確認してください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

1:1トークでやり取りした友だちにメッセージが送れません。どうしてですか? toggle
友だちがあなたのLINE@アカウントをブロックした場合、メッセージを送信することはできません。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

1:1トークで特定の友だちからメッセージを受け取りたくありません。 toggle
いたずら等の迷惑行為を行う友だちがいた場合は、該当の友だちをブロックすることによって、メッセージの受信を拒否することができます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

1:1トークで、ユーザーがこちらのメッセージを見たかどうかはどこで分かりますか? toggle
通常のLINEと同じく、ユーザーが読んだメッセージには既読と表示されます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

1:1トークで個別にメッセージのやり取りをしたくありません。 toggle
個別のやり取りをしたくない場合は、LINE@アプリから以下の手順で1:1トークモードをOFFにしてください。

■アプリ
[管理タブ]>[応答モード]>[1:1トークモード]をOFFにします。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

グループトークまたは1対複数人でのトークには対応していないのですか? toggle

LINEユーザーへのスパムメッセージの送信や、サービスの不正な使用を防ぐためにグループトークおよび1対複数人でのトークには対応していません。

 

また、1対1でのトークでもLINEユーザーが先にLINE@アカウントにメッセージを送信した場合にのみトークすることができます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

自動返信はどのような機能ですか? toggle
LINE@アカウント宛にユーザーがトークで話しかけた際、あらかじめ設定しておいたメッセージを返信する機能です。自動返信には、キーワード応答メッセージと通常の自動応答メッセージの2種類があります。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

自動応答メッセージとは何ですか? toggle
LINE@アカウント宛にユーザーがメッセージを送った際、あらかじめ設定しておいたメッセージをランダムに配信することができる機能です。
設定可能なメッセージ数は最大200件となります。
自社サイトへ誘導したり、疑似的にコミュニケーションを図るなど、工夫次第でさまざまな使い方が可能です。
※1:1トークがONの場合は、自動応答メッセージは配信されません。
※1:1トークがOFFの場合は、ユーザーが送信したメッセージが、あらかじめ設定しておいたキーワードと完全一致する場合、キーワード応答メッセージが優先して配信されます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

キーワード応答メッセージとは何ですか? toggle
キーワード応答メッセージは、ユーザーが送信したメッセージが、あらかじめ設定しておいたキーワードと完全一致した場合に、特定のメッセージを自動返信する機能です。テキストだけでなく、画像やスタンプ、PRページ、リサーチページ等、最大5メッセージまで一括で返信することができます。

また、キーワード応答メッセージは通常の自動応答メッセージとあわせてお使いいただくことが可能ですが、ユーザーが送信したテキストと、管理画面で設定したキーワードが完全一致した場合、キーワード応答メッセージが優先して配信されます。
※1:1トークがONの場合は、キーワード応答メッセージは配信されません。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

自動返信のメッセージが配信されません。 toggle
1:1トークがONの場合、キーワード応答メッセージおよび、自動応答メッセージはOFFとなります。
1:1トークがOFFの場合、設定したキーワードに完全一致するメッセージをユーザーが話しかけた場合のみ、キーワード応答メッセージが配信されます。
ユーザーが話しかけたメッセージが、設定したキーワードと一致しない、またはキーワード応答メッセージがOFFの場合は、自動応答メッセージが配信されます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

自動返信機能で配信されるメッセージは月次配信数に加算されますか? toggle
キーワード応答メッセージおよび、自動応答メッセージで配信されるメッセージは利用プラン毎に定める月次配信数にはカウントされません。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

既読表示やメッセージ部分に表示される時間は何を表していますか? toggle
既読表示は、相手がLINE@アカウントからのメッセージを読んだことを意味します。しかし、端末によってはユーザーがメッセージ通知を受けるとすぐに既読表示が出るため、常に相手がメッセージを読んだことを意味するものではありません。 

また時間は、メッセージがいつ送信されたかを表すもので、相手がメッセージを読んだ時間を意味するものではありません。
 
これらの表示は、状況によって異なって表示されることもありますのでご注意ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

ボイスメッセージを送信するにはどうしたらよいですか? toggle
LINE@アプリから以下の手順で送信できます。

■アプリ
1)[トークタブ]から、ボイスメッセージを送信したいアカウントをタップします。
2)メッセージ入力ボックスの左にある[+]をタップします。
3)[ボイスメッセージ]をタップします。
4)ボタンを押した状態で話すと自動で録音されます。
5)ボタンを離すと録音が終了し、自動でボイスメッセージが相手に送信されます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

友だちに1:1トークでメッセージを送信するにはどうしたらいいですか? toggle
LINEユーザーが先にLINE@アカウントにメッセージを送信した場合にのみトークすることができます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

年齢認証

年齢認証するには?(docomo/LINEモバイル) toggle
年齢認証は、1:1トークモードの利用時に必要です。
ご利用の電気通信事業者に合わせて以下の手順を参照してください。
 
docomoの場合
1)[管理]>[応答モード]をタップ
2)[1:1トークモード]の設定を切り替える
3)[NTT Docomoをご契約の方]または[確認]をタップ
4) dアカウントでログインして利用設定を行う
その後の設定や年齢認証時に問題が発生した場合は、docomoへお問い合わせください。
 
LINEモバイルの場合
1)[管理]>[応答モード]をタップ
2)[1:1トークモード]の設定を切り替える
3)[LINEモバイルをご契約の方]または[確認]をタップ
4) 利用コードを入力 して[次へ進む]をタップ
5)[通知を許可する]をタップ
※年齢認証時に問題が発生した場合は、こちらを参照してください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

年齢認証するには?(au/SoftBank/Y!mobile) toggle
年齢認証は、1:1トークモードの利用時に必要です。
ご利用の電気通信事業者に合わせて以下の手順を参照してください。

auの場合
1)[管理]>[応答モード]をタップ
2)[1:1トークモード]の設定を切り替える
3)[ログイン]をタップ、またはau IDとパスワードを入力してログインし、年齢確認の利用許諾を行う
その後の設定や年齢認証時に問題が発生した場合は、auへお問い合わせください。

SoftBank/Y!mobileの場合
1)[管理]>[応答モード]をタップ
2)[1:1トークモード]の設定を切り替える
3) 電話番号とパスワードを入力してログインし、My SoftBank認証を行う
その後の設定や年齢認証時に問題が発生した場合は、SoftBank/Y!mobileへお問い合わせください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

年齢認証が完了しません toggle
年齢認証は、au(KDDI)/NTTドコモ/SoftBank各社が提供する年齢情報判定サービスを利用して18歳未満かどうかを確認しています。
18歳以上であるにも関わらず年齢認証が完了しない場合、以下の可能性があります。

- 利用者情報の登録/spモード契約がない(NTTドコモ)
- 年齢情報を提供するための通知設定がされていない
- 法人契約/18歳未満のご家族名義で契約
- au(KDDI)/NTTドコモ/ソフトバンク/Y!mobile/LINEモバイルとの契約を行っていない(SIMがない)

今一度、ご自身のご契約情報をご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

格安SIMを利用しているが、年齢認証ができない toggle
年齢認証は、au(KDDI)/NTTドコモ/SoftBank各社が提供する年齢情報判定サービスを利用して18歳未満かどうかを確認しています。

契約したSIMが上記3社で提供している年齢情報判定サービスをご利用いただけない場合、年齢認証はできません。
年齢情報判定サービスの対応状況については、契約したSIMの提供会社へお問い合わせください。

LINEモバイルを利用している場合はこちら

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

法人契約の端末で年齢認証ができない toggle

法人契約等で利用者の生年月日を電気通信事業者に登録されていない場合、LINE側で年齢認証ができません。
生年月日等の登録状況については、契約した電気通信事業者へお問い合わせください。
 
格安SIMをご利用の場合、以下のヘルプを参照してください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

利用者登録はできているが、年齢認証ができない toggle
青少年のLINEユーザーの皆さんをトラブルから未然に守るため、au(KDDI)/NTTドコモ/SoftBankの端末でLINE@を利用している18歳未満のユーザーを対象に1:1トーク機能の利用を制限しています。
各社にて利用者の登録をしているにも関わらず年齢認証が正常に完了しない場合は、[年齢情報提供機能の設定]を確認してください。

docomoの場合

SoftBankの場合

auの場合

上記を確認しても問題が解決しない場合は、問題報告フォームよりご連絡ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

身分証明書など書類提出すれば認証できますか? toggle
弊社宛てに年齢を証明する書類などをお送りいただきましても年齢認証を完了する対応はできません。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

LINEモバイルを利用しているが、年齢認証ができない toggle
LINEモバイルの[マイページ]>[契約情報]で利用コードを再設定してください。
再設定した利用コードを入力し、再度年齢認証をお試しください。

改善されない場合や設定に関してご不明な点は、LINEモバイルへお問い合わせください。

LINEモバイルお問い合わせ

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

友だち

友だちの名前や画像を変えることはできますか? toggle
友だちの画像は変更することができませんが、名前は以下の手順で変更できます。

■アプリ
1)「友だち」タブから名前を変えたい友だちをタップします
2)「鉛筆」マークをタップします
3)名前を入力して[保存]をタップします

■PC版管理画面
1)[1:1トーク]をクリックし、起動
2)「トーク」または「友だち」アイコン をクリック
3)該当の友だちをクリックしてトーク画面を開く
4)画面上部の友だちのアイコンをクリック
5)名前横の「鉛筆」アイコンをクリック
6)名前を入力後[Enter]キーを押して完了

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

友だちをブロックすることはできますか? toggle
以下の手順でブロックできます。
ブロックしても相手に通知はされません。

■アプリ
1)[友だち] をタップ
2)ブロックしたい友だちを選択し、長押しまたは左にスライド
 (端末により異なります)
3)[ブロック]をタップ

■PC版管理画面
1)[1:1トーク]をクリックし、起動
2)「友だち」アイコン をクリック
3)ブロックしたい友だちを選択し、右クリック
4)[ブロック]をクリック

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

LINEユーザーが自分のLINE@アカウントを友だち追加する方法を教えてください。 toggle
友だち追加するには「ID検索」「QRコード検索」「ふるふる」などの方法があります。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

その他

どんな人が友だちになっているのか確認できますか? toggle
友だちに追加された数は確認できますが、友だち登録したユーザーの情報は開示しておりません。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

自社のオリジナルスタンプを友だちになってくれた人に使ってもらいたいのですが、LINE@から作れますか? toggle
LINE@ではスタンプを作成⋅配布する機能はありません。スタンプを作成する場合は公式アカウントを契約のうえ、スポンサードスタンプを作成するか、クリエイターズスタンプを作成して友だちに訴求してください。
また、クリエイターズスタンプを友だち登録およびキャンペーン等の景品として商用利用することはできません。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

ヘルプセンター