LINE

その他

ヘルプを見ても解決しない場合

ヘルプを見ても解決しない場合 toggle

ヘルプを確認しても解決しない場合は、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

 LINE FXに関するお問い合わせはこちらからお問い合わせください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

LINE証券について

LINE証券とは? toggle
LINE証券とは、LINE株式会社の完全子会社であるLINE Financial株式会社と野村ホールディングス株式会社の共同出資により設立された、LINE証券株式会社が提供するインターネット証券サービスです。

公式サイトについては、こちらをご確認ください。
会社概要については、こちらをご確認ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

どのような商品を取引できますか? toggle

以下の商品がお取引いただけます。

 

⋅国内上場株式(当社が指定する銘柄)

⋅投資信託

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

自己資本規制比率を教えてください toggle

こちらにてご確認いただけます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

LINE証券や保有している投資信託の運用会社などが破綻した場合はどうなりますか? toggle
■証券会社が破綻した場合
当社が万が一破綻したとしてもお客様の資金に影響はありません。当社の口座にあるお客様の資金については、固有資産とは分別し、「顧客分別金信託」として受託会社に信託しております。保有していた投資信託は、別の販売会社に移されれば(移管といいます)移管先の販売会社で引き続き保有、取引をすることが可能です。また、移管されない場合でも償還され現金で戻ってきます。

■運用会社が破綻した場合
運用会社は運用指図を行うだけで、投資家から集めた資金の保管や管理は行っていません。運用会社が破綻したとしても、投資家から集めた資金は信託銀行に保管されているので、信託財産に直接的な影響はありません。運用していた投資信託は、他の運用会社に運用が引き継がれるか、繰上償還されることになります。

■信託銀行が破綻した場合
投資信託の投資家から集めた資金は信託銀行が管理していますが、信託銀行自身の財産とは区分して管理することが法律で義務づけられています。
したがって、信託銀行が破綻したとしても、投資家から集めた資金に影響はありません。投資信託は、破綻時の基準価額で解約されるか、もしくは他の信託銀行に投資家から集めた資金が移管されれば、投資家はそのまま投資信託を保有することができます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

セキュリティについて

個人情報等は安全ですか? toggle
当社では、情報セキュリティ管理体制を整備し、個人情報を国内にて安全かつ確実に保管を行なっております。また、適宜運用の見直しにより、安全性⋅信頼性を継続的に高め、事件や事故の未然防止に努めております。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

不正アクセスへの対策は大丈夫ですか? toggle
外部からの侵入や攻撃に対して、堅牢なファイアウォールやアクセス監視を実施しています。
また、サービス開始前にセキュリティ診断も行なっておりますが、日々ソフトウェア等の脆弱性の情報や漏洩の事例等を収集しつつ、適宜必要な対応を行なってまいります。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

万が一、LINEのアカウントを乗っ取られた(なりすまし)された場合、不正ログインにより出金などされてしまう可能性はありますか? toggle
LINE Payへの出金の際には、必ず取引暗証番号の入力が必要です。万が一、LINEのアカウントが乗っ取られたとしても取引暗証番号が第三者に漏洩しない限り、LINE Payへの送金または出金を行うことはできません。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

公共の場(ネットカフェ等)で利用する場合でも安全ですか? toggle
ネットカフェや空港など、公共の場に設置されている鍵マークのないWifiの場合、第三者に通信内容が傍受される恐れがあるので、必ず鍵マークの付いたWifi(パスワードによる接続認証⋅暗号化されたネットワーク)をご利用ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

LINE証券の画面を立ち上げる際、IDやパスワードはありますか?セキュリティ上、問題はないのでしょうか? toggle
当社では取引画面を立ち上げる際のアクセス方法により、LINEログインが必須となります。

■LINEアプリからアクセス
LINEアプリのウォレットタブを開き、LINE証券のアイコンをタップして取引画面を立ち上げる際は、LINEログインは不要です。

■スマートフォンやPCのブラウザーからアクセス
スマートフォンやPCのブラウザーからアクセスし、トップ画面の「ログイン」ボタンからLINEログインすることにより、安全に取引が可能です。

なお、LINE証券の口座を開設する際に利用されたLINEのアカウントに、LINE証券口座の関連付けを行います。
したがって、口座開設を行ったLINEアカウントのみログインができる為、認証として万全の対策を行っています。

また、LINE証券専用の暗証番号の設定により、取引や出金、お客様情報の閲覧時には暗証番号での認証が必要となりますので、ご安心ください。

お客様自身でも下記の方法でセキュリティ対策を行っていただくことをおすすめいたします。
⋅暗証番号は第三者に推測されにくいものを設定する
⋅端末の画面ロックを設定する
⋅LINEアプリのパスコードロックを設定する

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

登録情報を変更する際にも本人確認を行なっていますか? toggle

お客様の氏名、住所の登録変更を行う際は、取引暗証番号の入力や本人確認書類、マイナンバー書類をご提出いただきます。

 

※「マイナンバー通知カード」をご利用する場合、運転免許証と姓名⋅住所が一致している必要があります。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

万が一、LINE証券が倒産した場合、預けている資産はどうなりますか? toggle
当社では、お客様からお預かりする有価証券や預り金について、法令に従い「分別保管」を行っています。万が一、当社が経営破綻した場合でも、この分別保管によりお預かりした資産はお客様に返還されます。
また、万が一の分別金の不足に備え、「日本投資者保護基金」にも加盟しています。日本投資者保護基金は、お客様が返還を受けられなくなった金銭と有価証券の価値(時価)を合計して、お一人当たり1,000万円を上限に補償されます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

分別保管とは? toggle
分別保管とは、お客様が証券会社に預けている資金や株式等を、証券会社の資産とは厳格に区分して保管する制度のことです。国内株式は、証券保管振替機構(ほふり)という第三者の機関で区分して保管し、お預かり金などは信託銀行に信託しています。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

推奨環境

PCやタブレット、ブラウザからでも取引することはできますか? toggle
■PC⋅各種webブラウザ
パソコンや各種webブラウザからアクセスいただけます。
ブラウザからアクセスする場合、LINEログインが必要です。(LINEログインとは、LINEにご登録のメールアドレスとパスワードを使ってログインする方法です。)

■タブレット端末
Pad、タブレットはLINE証券の推奨環境外です。
推奨環境外の利用については、動作保証およびサポートは行っていません。

※システム障害が発生した場合のみ、システム障害時専用サイトから売却注文⋅出金の受け付けを行います。買付け注文および入金はできません。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

LINE証券のホームアイコン作成方法を教えてください toggle
タブバーの[メニュー(…のアイコン)]>「ホーム画面に追加」をタップすると、LINE証券をホーム画面に追加することができます。※スマートフォンのみご利用いただけます。

■ホームアイコンとは
ホームアイコンとは、LINEの各サービスを携帯端末のホーム画面から直接起動できるショートカットです。スマートフォンのホーム画面よりLINE証券のトップページに直接移動することができます。
まだ作成されていない方は、ぜひご活用ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

推奨環境について toggle
LINEアプリの推奨環境に準拠します。
iPhoneの場合は、iOS バージョン11.0以上、Androidの場合は、Android バージョン5.0以上の端末をご利用ください。

最新のLINEアプリの推奨環境については、こちらをご確認ください。
※LINEアプリは常に最新版にアップデートしてご利用ください。

■スマートフォン
iOS:iOS 11.0以上、Safari/LINEアプリ内ブラウザ
Android:Android OS 5以上、Chrome/LINEアプリ内ブラウザ

■PC
Windows:Google Chrome、Microsoft Edge
Mac:Google Chrome、Safari
ブラウザは最新版にアップデートする必要があります。

なお、iPad、タブレットはLINE証券の推奨環境外です。
推奨環境外の利用については、動作保証およびサポートは行っていません。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

解約⋅口座閉鎖

LINE証券を解約⋅口座閉鎖するには? toggle
以下のリンクから、解約⋅口座閉鎖をお申込みいただけます。お申込みいただく前に、注意事項をよくご確認のうえ、お申込みください。

※すべての資産(株式、現金)がない状態の場合のみ、口座を閉鎖できます。資産が残っている場合には、売却や出金を行った上でお手続きください。
※口座閉鎖の条件を満たしていない場合には、口座閉鎖のお手続きをお受けすることができません。

■口座閉鎖の条件
⋅株式、現金の残高がないこと
⋅出金先銀行口座の登録があること
⋅つみたて設定が全て解除され、定期引落しおよび購入注文が完了していること
⋅信用取引口座の閉鎖が完了していること

■ご留意事項
⋅口座閉鎖は、申込み月から約5ヶ月後に完了します。
⋅お申込み受け付け後に配当金の入金があった場合には、ご登録いただいた出金先金融機関にお振込みいたします。
⋅口座閉鎖後は、取引報告書などの電子交付された書面を閲覧することができません。あらかじめご自身で保存を行ってください。

※LINE証券をご利用のスマートフォンよりアクセスできます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

口座閉鎖後に取引報告書や取引残高報告書などを確認することはできますか? toggle
口座閉鎖後は取引報告書などの電子交付書面を閲覧することができません。口座閉鎖手続きは約5ヶ月後に完了します。「特定口座年間取引報告書」については、解約のお申し込み月から6ヶ月後の上旬に電子交付が行われます。

※口座閉鎖完了後に「特定口座年間取引報告書」などの閲覧はできなくなりますので、必要な場合はあらかじめダウンロードなどを行ってください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

口座閉鎖申込みを行いましたが、再度口座開設の申込みをすることはできますか? toggle
口座閉鎖手続き完了後、口座開設申込みを行うことが可能です。
なお、口座閉鎖手続きは約5ヶ月後に完了します。この期間、再度の口座開設や取引を行うことはできません。

※システム切替に伴い、以下の日程でLINE証券および、LINE FXの口座開設受付を停止いたします。
⋅郵送による口座開設停止期間
10/22(木)15:00~11/15(日)19:00
⋅すべての口座開設停止期間
11/11(水)6:00~11/15(日)19:00

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

システム障害時の対応について

システム障害が発生した場合の対応を教えてください toggle
システム障害が発生した場合は、速やかにお知らせを掲載します。

システム障害により、LINE証券サイトが利用できなくなった場合にはシステム障害時専用サイトから売却注文⋅出金の受け付けを行います。
システム障害時専用サイトはこちら
※買付け注文および入金はできません。

なお、システム障害時専用サイトは、システム障害が発生した場合のみ、ご利用いただけます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

マネーフォワード連携

LINEにマネーフォワードへのログイン通知が届きましたが、不正ログインなどではありませんか? toggle
連携した際、LINEにログイン通知が届きますが、不正ログインなどではありませんので、ご安心ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

どのようなデータが連携されますか? toggle

LINE証券のポートフォリオ画面に表示される総資産や評価額、評価損益、保有銘柄が連携されます。

なお、入出金履歴と取引履歴は連携されません。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

お問い合わせ

どのような方法で問い合わせできますか? toggle
お取引方法やサービスなどでご不明な場合は、ヘルプをご確認いただくか、下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。


この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

家族が代理で問い合わせできますか? toggle

口座名義人であるご本人様からのお問い合わせをお願いしています。

ご家族からのお問い合わせなど、代理でのお問い合わせには回答できませんので、ご了承ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

ヘルプセンター
TOP