LINE

ヘルプ

メッセージ配信

ターゲティングメッセージとは? toggle
アカウントの友だちの中から特定のターゲットに絞り込んで配信できるメッセージです。
ターゲッティングメッセージの利用には、ターゲットリーチが100人以上である必要があります。

ターゲティングメッセージの設定は以下をご参照ください。

管理アプリでの設定手順
1)[ホーム][メッセージ配信]をタップ
2)[作成]をタップし、[追加]から配信したいメッセージの種類を選択
3)メッセージを登録したら[次へ]をタップ
4)[配信先][属性で絞り込み]を選択
5)絞り込みたいターゲットの属性を選択

LINE Official Account Managerでの設定手順
1)[ホーム] > [メッセージ配信] > [作成]をクリック。
2)[配信先][属性で絞り込み]に選択
3)絞り込みたいターゲットの属性を選択

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

オーディエンスとは? toggle
オーディエンスとは、条件を指定して特定のユーザーを絞り込み、配信先を作成できる機能です。

3つのオーディエンスタイプから選択して作成することができます。
作成したオーディエンスは、メッセージ配信先を絞り込む条件として利用できます。
※配信先の絞り込みは、こちらをご確認ください

クリックリターゲティング
配信したメッセージに含まれるリンクをクリックしたユーザーを対象にしたオーディエンスです。

インプレッションリターゲティング
配信したメッセージを開封したユーザーを対象にしたオーディエンスです。

ユーザーIDアップロード
ユーザーIDをアップロードして作成するオーディエンスです。
※ユーザーIDの詳細については、LINE Developersでご確認ください

オーディエンスを作成するには、以下をご確認ください。

LINE Official Account Managerでの設定手順
1)[ホーム][オーディエンス]をクリック
2)[作成]をクリック

※オーディエンスは、LINE Official Account Managerでのみ作成できます。管理アプリでは作成できません
※オーディエンスは、作成から180日経過すると使用できなくなります

詳細な作成方法については、LINE公式アカウントの管理画面マニュアルをご覧ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

リッチメッセージ/リッチビデオメッセージとは? toggle
リッチメッセージ
リッチメッセージとは、画像やテキスト情報を1つのビジュアルにまとめ、簡潔でわかりやすい訴求が実現できる機能です。
リッチメッセージでは、1メッセージ内に複数のリンクを設定することができます。

視覚的なインパクトが大きいため、通常のテキストメッセージよりも高い誘導効果が見込めます。

リッチビデオメッセージ
リッチビデオメッセージは、自動再生される動画をメッセージとして送ることができる機能です。
縦型/横型/正方形など様々な動画形態に対応しており、縦型動画ならトーク画面を専有するリッチな動画表現が可能となります。
加えてリンク設定することで、動画視聴を経たユーザーを外部サイトに誘導することが可能です。

リッチビデオメッセージは通常の動画と異なり、ユーザーは保存、転送、タイムラインにシェアすることができません。
ユーザーによる保存、転送、シェアを希望しない場合は、リッチビデオメッセージをご利用ください。
※リッチビデオメッセージはWeb版管理画面でのみ作成が可能です。管理アプリで作成できません。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

送信済みメッセージを編集⋅削除したい toggle
送信済みメッセージの編集や削除はできません。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

メッセージは何通まで配信できますか? toggle
プランにより配信可能な無料のメッセージ数は異なります。
フリープランの場合、月に1,000通まで配信することができます。

無料メッセージ数を超過する配信を行う際は、事前に「追加メッセージ数」の上限設定が必要です。
「追加メッセージ数」の上限は、当社が定める制限値の範囲内で設定することができます。

制限値を超える「追加メッセージ数」の上限の設定を希望される場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

メッセージ配信数としてカウントされるメッセージの種類は? toggle
メッセージ配信数としてカウントされるメッセージと、カウントされないメッセージについては、以下をご参照ください。

カウントされるメッセージ
- メッセージ配信(ターゲティングメッセージを含む)
- Messaging APIの「Push API」「Multicast API」「Broadcast API」

カウントされないメッセージ
- チャットの送受信
- 自動応答メッセージ
- キーワード応答メッセージ
- 友だち追加時のあいさつ
- Messaging APIの「Reply API」

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

無料メッセージ配信数を超える配信をするには? toggle
付与された無料メッセージ配信数を超えるメッセージの配信を行う場合は、追加メッセージ数の上限を変更してください。
※フリープランは1,000通を超える配信はできないため上限を変更することはできません

上限の変更については、以下をご参照ください。

管理アプリでの変更手順
1)アカウントリストで、設定するアカウント名をタップ
2)[利用状況][上限を変更]をタップ
3)上限数を変更し[変更]をタップ

LINE Official Account Managerでの変更手順
1)アカウントリストで、設定するアカウント名をクリック
2)[設定]>[利用と請求]をクリック
3)[今月のメッセージ利用状況][上限を変更]をクリック
4)上限数を変更し[変更]をクリック

追加メッセージの上限は、制限値を超えて設定することはできません。
制限値を超えた配信をご希望の際は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

配信済みの無料メッセージ数を確認するには? toggle
当月の配信済みメッセージ数を確認するには、以下をご参照ください。

管理アプリでの確認手順
1)アカウントリストで、設定するアカウント名をタップ
2)[利用状況]をタップ
3)[今月のメッセージ利用状況][配信済みの無料メッセージ数]で確認

LINE Official Account Managerでの確認手順
1)アカウントリストで、設定するアカウント名をクリック
2)[設定]>[利用と請求]>[ダッシュボード]をクリック
3)[今月のメッセージ利用状況][配信済みの無料メッセージ数]で確認

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

メッセージ数指定配信とは? toggle
配信メッセージ数を指定することで、友だちの中からランダムにメッセージを配信することができます。
※属性で絞り込む際は、配信対象人数を50人以上に設定してください

配信メッセージ数の指定方法は、以下をご参照ください。

管理アプリでの配信メッセージ数指定手順
1)アカウントリストで、設定するアカウント名をタップ
2)[メッセージ配信][作成]をタップ
3)メッセージを追加し[次へ]をタップ
4)[配信メッセージ数]にメッセージ数を入力

LINE Official Account Managerでの配信メッセージ数指定手順
1)アカウントリストで、設定するアカウント名をクリック
2)[メッセージ配信][メッセージを作成]をクリック
3)[配信メッセージ数を指定する]にチェックを入れ、メッセージ数を入力

配信メッセージ数を指定する場合、設定できる最大値は属性情報の推計を元に設定されます。
属性情報が推計されないLINEユーザーが存在するため、[配信可能数]に表示される人数と他のページで表示される統計項目の人数が異なることがあります。
また推計情報は随時更新されるため、[配信可能数]に表示される人数が変動する場合があります。
友だちの属性情報は反映されるまで最大3日ほどかかるため、[配信メッセージ数]を利用した配信は3日前の属性情報に基づいて行われます。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

A/Bテスト機能とは? toggle
LINE Official Account Managerからメッセージを配信する際に、[高度な設定]からA/Bテストを作成することができます。

A/Bテストとは、2通り以上のメッセージ内容や配信方法を用意して同じ条件で実験し、どちらが高い効果を上げるかの比較検証に用いられます。
AパターンとBパターンという2通りを用意して実験をすることからA/Bテストと呼ばれています。

A/Bテスト機能を利用すると、作成した複数のメッセージを、指定した割合のユーザーに配信して、効果比較を行うことができます。
また、A/Bテスト結果で最も効果が高かったメッセージを選択して、テスト配信を行わなかったユーザーに配信することも可能です。

LINE Official Account Managerでの設定手順
1)[ホーム][メッセージ配信]>[メッセージを作成]をクリック
2)[高度な設定]から[A/Bテストを作成]にチェック

詳細な設定方法については、LINE公式アカウントの管理画面マニュアルをご覧ください。

※A/Bテスト機能はアプリ版管理画面からはご利用いただけません
※A/Bテストを行うには、5,000人以上のターゲットリーチが必要です

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

カードタイプメッセージとは? toggle
カードタイプメッセージは、カルーセル形式で複数枚のカードを配信できるメッセージフォーマットです。
4種類から選んだカードタイプを元に情報を入力することで、整理されたレイアウトのメッセージを簡単に作成できます。
1つの吹き出しで最大9枚のカードを設定することが可能です。

選択できるカードタイプ
- プロダクト
商品やサービスプランなどの宣伝に向いています。
- ロケーション
店舗やアクセス方法の紹介に向いています。
- パーソン
スタッフなどの人物の紹介に向いています。
- イメージ
キャンペーンや商品などの写真をメインにした紹介に向いています。

カードタイプメッセージを作成するには、以下をご確認ください。
※カードタイプメッセージは、LINE Official Account Managerでのみ作成できます。管理アプリでは作成できません。

LINE Official Account Managerでの作成手順
1)[ホーム]>[カードタイプメッセージ]をクリック
2)[作成]をクリック

詳細な作成方法については、LINE公式アカウントの管理画面マニュアルをご覧ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

画像を作成とは? toggle
画像を作成とは、リッチメッセージやリッチメニューで、テンプレートに合わせた画像を簡単に作成できる機能です。
リッチメッセージやリッチメニューを活用したいが画像が用意できない、画像の用意はできるがテンプレートサイズへの編集⋅加工が難しいといった課題を解決できます。

画像を作成するには以下をご確認ください。

※画像作成は、LINE Official Account Managerでのみ作成できます。管理アプリでは作成できません。

LINE Official Account Managerでの設定手順(リッチメッセージ)
1)[ホーム][リッチメッセージ]をクリック
2)[作成]をクリック
3)[テンプレートを選択]をクリック
4)テンプレートを選び[選択]をクリック
5)[画像を作成]をクリック
6)編集画面下部から編集希望の操作アイコンをクリック
7)編集完了後[適用]をクリック

LINE Official Account Managerでの設定手順(リッチメニュー)
1)[ホーム][リッチメニュー]をクリック
2)[作成]をクリック
3)[テンプレートを選択]をクリック
4)テンプレートを選び[選択]をクリック
5)[画像を作成]をクリック
6)編集画面下部から編集希望の操作アイコンをクリック
7)編集完了後[適用]をクリック

詳細な作成方法については、LINE公式アカウントの管理画面マニュアルをご覧ください。

この内容は役に立ちましたか?

はい いいえ

ヘルプセンター
TOP